京都市北区雲ヶ畑での森づくり活動のレポートです。活動に興味のある方は気軽に参加してみてください!


by mori_pro

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:理想の森P活動( 260 )

アメオトコは誰だ!?(7/22自由活動)

e0032609_20383820.jpg理想の森への道路は、19日に起きた土砂崩れのため、通行止めになっていました。

森林組合に車を停めさせて頂き、そこから歩いて森へ。
途中土砂崩れ現場を迂回。
崩れ落ちた岩と土砂が道路いっぱいに転がり、コンクリート製の電柱も折れていました。

復旧にはかなりの時間がかかりそうで、住民の方には多大な不便がかかるでしょうが、人的被害が出なかったのが唯一の救いです。


e0032609_20394713.jpg森へ到着後、毎木調査を始めました。

一昨年、昨年と植えたおよそ200本の木について、樹種・樹高・太さを測る作業です。



30本程度まで調査を終えたあたりで雨が激しく降ってきたため、小屋で雨宿り。
e0032609_2040495.jpg
しばらく降り続いていたため、お昼も食べて帰ろうとしたのですが、その時ちょうど雨が上がりました。


e0032609_20402582.jpg気を取り直して、午後からは前回し忘れていた箇所の下刈りを行いました。
下草に埋もれている木や、枯れてしまっていた木もありましたが、中にはすくすくと育っている木もありました。

ある程度作業を進めていったところで、再び雨。
下刈りをまた少し残してしまう結果になりましたが、これにて今日の作業は終了。



e0032609_20435373.jpg歩いて森林組合へ。帰路は雲ヶ畑の風景を味わいながら。

●印象に残ったもの:
 葉脈を残して虫に食われた大量の葉、タケニグサ、黄色いチョウ、雲の巣、折れた電柱、
 霞がかった雲ヶ畑の空と瓦屋根、Y氏の虫さされ(すぎした)

そこで一句:
 梅雨に濡れ かすめど照りし くもの家  (すじした)
雨がやみ 鳥がさえずり 霧晴れる (よっこん)
 
[PR]
by mori_pro | 2006-07-23 17:45 | 理想の森P活動

ハレオトコは誰だ!?(7/8下草刈り)

e0032609_2003164.jpg
バイオマスの森を流れる小川の冷たい水で冷やされたスイカ。

これを当日の朝たまたま通りかかった果物屋で買ってきたのが、この日の担当者だった私の最大のファインプレーでした。650円。

7月8日、七夕の翌日に、植林地の下草刈りを行いました。(参加者8人)

下草刈りとは、背丈の低い植林木が、周りにすごい勢いで生えてきた草たちに生長を阻害されないよう、雑草たちを刈って日当たりを良くする作業です。植えてから数年間(7、8年ぐらい)毎年行います。


e0032609_2022989.jpg天気が心配されたのですが、幸運なことに雨は降らず、太陽が照りつけることもない絶好の下草刈り日和となりました。

私の推測によると

「担当者が 最近すっかり雨男の烙印を押された”よっこん”ではなかったこと」

これが最大の要因だと思われるのですが、自称晴男・晴女が今回の参加者のなかにいたことも追い風になったことは間違いがないでしょう。


e0032609_2095946.jpgさてさて、作業地ですが、予想以上に草がボーボーでした。ちょっとマニアックですが、特に手ごわかった雑草たちを、弔いの意味も込めてここに挙げます。

ナガハモミジイチゴ、サルトリイバラ、タケニグサ、トチカクシ

成仏して立派なバイオマスの森の肥やしになってください。


そうそう、クリが小さな実をつけていました。(上の写真)
そういえば先月来たときは花が咲いていたっけ。秋には動物たちと争奪戦になることでしょう。


e0032609_2014939.jpgともあれ、たんまり汗をかいた割に 疲労はさほどでもなく、作業終わりにはみんなすがすがしい顔で甘いスイカをほお張ることができました。(写真は私ではありません)

小さなハプニングはあったものの、大きな怪我もなかったし。

う~ん ・・・  満足!!
次回活動は7月23日。個人的には虫採りをやろうと画策中です。興味のある方、ぜひ。

(ふちがみ)
                         
追伸:今回は作業に熱中してほとんど写真を撮ることができませんでした。参加者のみなさま&興味のあるかたは、下の写真のS氏が たんまり撮った写真を、何らかの形でアップしてくれると思いますので、それまでお待ちください。

ちなみにS氏、このあとコケました(笑
e0032609_208208.jpg

[PR]
by mori_pro | 2006-07-10 20:08 | 理想の森P活動

6/25 自由活動日(マツ林の観察と鋸谷式による間伐木の選木)

e0032609_0254864.jpge0032609_026190.jpg
e0032609_0261747.jpge0032609_0263871.jpg
[PR]
by mori_pro | 2006-07-09 00:35 | 理想の森P活動

小屋の整備・晴れのち雨

e0032609_3525027.jpg

6月17日 梅雨であることを忘れてしまうような青空と朝日に祝福されながら、本日の理想の森Pの活動は始まりました。

e0032609_3571122.jpg今回は、以前に人工林で伐って放置していた丸太を使って、小屋の中で座るためのベンチや、小屋へ続く階段を作ることが目的です。


いつもどおり薪で沸かしたお湯でコーヒーを淹れてから(つねじさん、いつもご馳走様です)、作業の打合せと自己紹介。

ちょっと地味目な活動内容かなぁ~と思ったけど、参加者は7人と、なかなか集まってくださいました。初参加の人もちらほら。
小屋の周りでいろいろやるには、ちょうど良い人数。


e0032609_333841.jpg一息ついたら(ってまだ何もやってないけど)腰を上げて、人工林まで丸太をとりに出発。

この季節のバイオマスの森には、いろんな華が咲いています。

ユリ、コアジサイ、タニウツギ、ドクダミ、クリ・・・

ほんとにきれい。ちょっと歩いては立ち止まり、華の名前を聞いたりイチゴを採って食べたり、目的地までずいぶん時間がかかりました(笑


e0032609_385361.jpgほんで、ひたすら丸太運び。
今回は男性陣が少なく、体力面でちょっと心細かったのですが、バイク姿もサマになるがっしりたくましいH田さんや、 ”おいおいそんなに太いん持てるんかい?”ってくらい重そうな丸太にチャレンジするN西さん(女性)らのご活躍のもと、けっこう作業ははかどりました。

午前中は丸太を運んで、階段を作る場所の土をならして終了。

e0032609_3124612.jpg昼ごはんには、”ダッチオーブンの巨匠”よっこんによる、カボチャ味のお焼きが振舞われました。しょうゆにつけて食べるのがポイントです。おいしかった。
そして、デザートには、

e0032609_3142268.jpgな、なんと・・・

マスクメロン!  覆面メロン!!

さすが理想の森P、山の中での活動ににも、気品が漂っております。
冷水に打たれてよく冷えてました。
持ってきてくれたM田さんありがとう。クッキーもおいしかったです。


食に関する話題はこれくらいにして、

午後からは、小屋の周りでいろいろな作業が同時進行でした。
このあたりから、残念無念なことに、雨が降ってきました。

にわかに ”よっこん雨男説” が浮上。
そういえば、先月の活動は雨で中止、龍谷大ゼミのときも今にも降りだしそうな曇り空(このときは自称”晴女”の前代表がいたおかげで事なきを得ました)、疑惑は深まるばかり。

(同時進行ゆえ、ここからは分けて書きます)。

■ベンチ作り
丸太を横に2本、長く渡したベンチタイプのものと、丸太を40cmくらいに玉切りした腰かけタイプのものと、2種類をつくりました。

ベンチが4つに腰かけが5つ。総勢20人が座ってくつろげるようになりました。

すわり心地も最高。みなさんご満悦のご様子です。
e0032609_3271712.jpge0032609_327455.jpge0032609_328132.jpg




■階段作り
e0032609_3363013.jpg
小屋が道よりも少し高いところにあるため、階段をつけることにしました。

土をならして、ヒノキの丸太でスロープを作ります。本日の活動では、まあ8割完成、といったところで時間切れです。

■草刈り
小屋の周辺と、谷の洗い場周辺の草を刈りました。夏を前にして、雑草たちの伸びる勢いは増すばかりです。
気の毒なことに、ひとり鎌で手を怪我してしまいました。気をつけましょう。
ともあれ、おかげですっきりです。来月は植林した場所も刈ってあげなければ。


■屋根の修復、小屋の補強
一部はがれていたトタン屋根を、修復しました。トタンの長さがたりなくて急遽継ぎ足したため、ある部分だけモザイクのようになってしまったけれど、気にしない 気にしない…



e0032609_3415084.jpg午後は、段々雨が強くなる一方でした。
でも大丈夫。去年四苦八苦しながらやっとの思いで建てた小屋は、雨を避けるスペースと、”まあ止むまでのんびり待つか”という心の余裕を、私たちに与えてくれました。

作ってよかった。小屋。今回の活動で座る場所もできたし、補強もされたしね。
やはりつねじさんの「小屋スペース拡張計画」は本気のようで、今後の展開もがぜん、注目です。

と、いうわけで、集合写真は作ったベンチに腰かけて。
ほんとに座り心地がいいんです。これ。
e0032609_3594226.jpg


次回の活動は、6月25日(日)。のんびりぶらぶら森林散策と、人工林での選木(間引くために伐る木を選ぶこと)作業を、ぼちぼちやります。第4日曜はぼちぼちやる日。

美しいバイオマスの森の草花を見に来てください。

(ふちがみ)
[PR]
by mori_pro | 2006-06-17 23:57 | 理想の森P活動

龍谷大のゼミ生を迎えてのバイオマスワークショップ開催!

先に断っておきますが、本活動の正式な報告は薪炭KYOTOのウェブサイトで近日中にされるはずです。これはいち担当者の感想として読んでください。



5月27日、薪炭KYOTOとして、龍谷大の学生(文・法・経済学部がまぜまぜ)をお迎えして、森林バイオマス体験ワークショップを開催しました。

森林バイオマスとは何か?

何でいま、注目されて利用促進が訴えられているのか?

利用すると何かいいことはあるのか?

といったことを一通りかる~く説明し、

その後に山にくりだして、薪を割ったり料理をしたりしながら、”ああ、バイオマスを生産し、利用するってこういうことなのか”、”薪や炭でつくった料理っておいしいなぁ”ということを感じてほしい、というのが今回私たちの狙いなのでした。

ほんとはもっと実用的な、というか現在の自分の生活に取り入れることを具体的にイメージできるような利用の仕方も提案したほうがよかったのだろうな~、とは思いますが…



まあ、それは次回以降の課題として、

今回の体験ワークショップは、みなさん話をしっかり聞いてくれたし、ワークショップ(私は集材・薪割りWS担当だったのですが)もかなり楽んでくれました。

感想として
「山の作業はとてもしんどいことがわかった。でも薪割りとか、楽しくて夢中になる」
といってくれました。

ナイスコメント。 しんどいけど楽しい。 これが山の活動の醍醐味。 そしてメシがうまい。

短時間でみんなずいぶん薪割りが上達していたことが、一生懸命取り組んでくれたことを証明していました。

私も途中からまわりを忘れて(!)薪割りに没頭していました。割れたときはみなさんから拍手をもらってしまい、恥ずかしいやらうれしいやら。



と、いうわけで、最後に集合写真(今晩までには掲載します)をみんなで撮りました。
私たちが作った小屋にみんなが集まり、人であふれている。
e0032609_0211487.jpg


つねじさんからは、小屋のあるスペースの拡充の話が早速持ち上がりました。人がたくさん来てくれることを喜んでくれてるのかな?だとしたらうれしい。

(ふちがみ)
[PR]
by mori_pro | 2006-06-01 12:12 | 理想の森P活動

どんぐりのその後

e0032609_10171534.jpg11月末に山に苗畑を作って植えたどんぐりが何者かに食べられました…。全てなくなってしまったと言っていいほどのなくなりっぷりでした。
少しだけ掘り返してみると、食べられずに残ったどんぐりを発見!立派に根を出していました。こんなどんぐりが他にもあると信じて成長を見守りたいです。
食べたのは、きっと野ねずみみたいな動物だと思います。対策としてネットを張っていたのですが、隙間から入られました。ちょっと甘かったようです。
この事件を通して、自然状態でどんぐりが発芽するのは本当に稀なことなんだなと思いました。
木が落とすどんぐりは無数にありますが、ついているときはゾウムシに食べられ、落ちたら野ねずみみたいな小動物に食べられ、暗すぎてなかなか大きくなれなかったり、本当に苦労がいっぱいです。自然の中で生きていくのは、本当に大変ですね。
一方、ポットに植えて家で育てている苗は、3つ根を出しているものを見つけました。大きくなって欲しいですね。(よっこん)

[PR]
by mori_pro | 2006-04-06 12:00 | 理想の森P活動

植林(年度末手抜きバージョン)

3月21日。

今年度の作業の締めくくりであり、かつ一年の山仕事の一番最初の作業でもある植林(←あれ、地ごしらえが最初なのかな?)を行いました。

一本一本の苗木を、元気に育ってくれよ、と心を込めて植えました。

バイオマスの森という自分たちの森に、試行錯誤をしながら行う植林は、これまで何度も体験してきた植林と比べてみても、苗木に対する思い入れが全然違うことを発見しました。
植えるときの丁寧さも2割増し、という感じです(これまで杉良でお世話になってきた山主のみなさま、本当にごめんなさい)。

ナタやノコなどの山仕事道具は、自分で購入し手入れをしなければ愛着はわかないし、丁寧に扱おうとも思わない。借り物を使っていては本当の良さはいつまでたってもわからないんだよ~、という話を聞いて、自分のナタを購入した経験があるのですが、山についても似たようなことがいえるのかなぁ、と思いました。
山主さんや林業家の人たちの気持ちに、一歩近づけた…かな。

まだまだ理想の森プロジェクトが始まって3年弱。これからも活動を通していろんな発見をしたいし、その発見を多くの人に伝えていきたい、と思っております。

といいながらブログのアップは滞り気味なのでした。やれやれ…です。

活動の写真や詳細は、よっこんが近日中に薪く炭くKYOTOのウェブサイトにアップしてくれますのでそちらをご覧ください。
<薪く炭くKYOTO内理想の森Pのページ>
http://sinktank.kdn.jp/project05/bioforest.html

(ふちがみ)
[PR]
by mori_pro | 2006-03-24 18:59 | 理想の森P活動

コナラ100本

昨日、京都府の緑化センターというところに、植林する苗木を発注しました。

クヌギやコナラといった薪や炭になる広葉樹をいくつか混ぜて購入したかったのですが、クヌギは出てしまっていて、ストックがコナラしかないということなので、今回はコナラを100本購入です。

クヌギは売れっ子なんですね。ムシキングの影響やろうか・・・?

                                             (ふちがみ)
[PR]
by mori_pro | 2006-02-23 08:24 | 理想の森P活動

ストーブ☆デビュー

e0032609_14483666.jpg
先週のことになるのですけれど、春に新しい苗木をバイオマス森に迎え入れるための打ち合せと、小屋のストーブの煙突の設置をしに、森を訪れました(1月末に訪れる予定が、雪のため、この日(2月11日)に延期です)。

個人的には今年初の山訪問(初詣に伏見稲荷に行ったときに裏の山には登ったけど)。2月の割には日差しが暖かい日だったけど、それでも冷たく澄んだ山の空気が、何だか妙にうれしかったです。ちょっとはしゃいでしまいました。

e0032609_14591092.jpgまずは”指導者兼山主”のつねじさんにコーヒーとおはぎと鹿肉をご馳走になりながら、本日の予定を確認(つねじさん&きよみさん、いつもありがおつございます!)、 煙突の設置にかかります。ほんとは去年のうちに設置してしまう予定だったのだけれど、12月末に予定していた”年納めだよ、全員集合inバイオマスの森”が、これまた雪のため中止になってしまったので、2ヶ月遅れてしまいました。

脚立を使って4人がかりであーでもない、こーでもないと試行錯誤しながら小屋の裏手(斜面側)に煙突をだしました。思ったよりも時間がかかった。

e0032609_1523512.jpgなんとか設置して、いよいよ初点火。
小屋の脇に積んでいた薪を適当に詰め込んで火をつけました。くすぶることもなく、すぐにゴウゴウと燃え始め、体全体から熱を放射してくれました。かなりあったかかった。

e0032609_15141512.jpg
ちょっと遠くから見た感じ。
森にある小さな小屋の煙突から立ち上る煙…思い描いていた”理想の森”のイメージに少しだけ近づいたんかな。スタッフ一同感慨ひとしおでした。



それから、春に植林するための適地を探すために森の散策。

e0032609_18333382.jpgつねじさんと話合った結果、昨年植林をした斜面の下の部分に、まだじゅうぶんに植林できるスペースがあるということなので、そこに決定。だいたいこんな感じの斜面です。
とりあえずは”3月5日”に地拵えをして、作年秋にじんごろうさんが刈ってくれた草木を片付けようと思います。

半日という短い時間でしたが、充実した作業となりました。暖かくなるころにはいろんな人をいっぱい招いてわいわいがやがや活動できるといいなぁ~、と思います。(ふちがみ)
e0032609_14431868.jpg

[PR]
by mori_pro | 2006-02-18 18:37 | 理想の森P活動

京都自由学校との共催ワークショップ

2月も中ごろになって、だんだんと寒さも和らいできたようですね。
このまま無事に春を迎えることができたらいいのですが。

さて、今年の秋ごろに京都自由学校というところと共催のワークショップを開くことになりました。
理想の森で、バイオマスの生産を実際に体験してもらおう、という企画です。

日程は、10月下旬か11月上旬頃の一日を予定しています。
まず、午前中は立木(クヌギかコナラ)を伐採し、薪にする過程を体験できます。
お昼は、雲ヶ畑林業センターで薪ストーブを囲みながら食べます。
そして、午後になり里山や森づくりの話を聞いて、理解を深めてもらおうというのを予定しています。

まだ、企画段階でおおまかな事しか決まっていませんが、興味があれば是非ご連絡ください。
[PR]
by mori_pro | 2006-02-16 20:25 | 理想の森P活動

最新の記事

理想の森の新しい小屋(作業2..
at 2017-04-25 17:02
理想の森の新しい小屋(作業1..
at 2017-04-25 16:40
【案内】4月8日(土)植林地..
at 2017-03-31 07:44
【重要】2017年度(4/1..
at 2017-03-30 10:15
次年度の活動について
at 2017-03-29 00:00

カテゴリ

全体
理想の森P活動
ワシタカ工藝
その他
どんぐりの苗木
未分類

リンク

フォロー中のブログ

京の杜
京の山・杣人工房「空」-...

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2001年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧